上肢機能障害について

上肢機能障害交通事故の後遺障害の一つとして上肢機能障害があります。これはその名の通り上肢に機能障害が残ってしまうというものです。上肢というのは手や指、さらに肩関節や肘関節、手関節のことです。ただし、交通事故の後遺障害の認定における定義としては、手指は含めないこととしています。したがって、基本的には上肢の3つの大きな関節に関して障害が残ってしまった場合に上肢機能障害であると認定されます。

まず欠損障害があります。これは身体の一部がなくなってしまうというものです。腕が全部なくなってしまったり、一部が切断されてしまった状態のことを指します。どの部分の欠損が生じたのかによって等級は異なります。

次に機能障害というものがあります。こちらは腕そのものが残っていたとしても、その機能に障害が出てしまったものです。もはや機能を果たすことができなくなったり、著しい障害が残ってしまったり、機能障害が残っている場合です。

さらに変形障害というものがあります。こちらは偽関節になってしまったり、運動障害が残ってしまうケースです。治療を終えても骨が上手く癒着できなくなってしまうのです。このような後遺障害が上肢機能障害となります。いずれも病院できちんと診断を受けて認定してもらえます。

疼痛性感覚異常